はじめてのお通夜

2020年12月05日

まだ社会的に認知されていない生前葬を行う意図

平均寿命が伸びてきて人生百年時代が近づいてきたので現役引退後の生活を長く送る人が増えてきました。しかしながら、人間には寿命があるので誰にでも必ず死が訪れます。亡くなると遺族が葬儀を執り行いますが、故人はその様子を見られるわけでありません。このように引退後の生活が長くなり、この間の生き方などを検討する時間的余裕が出てきたため、遺族がどんな葬儀をしてくれるのか、考える機会が生まれたといえるでしょう。そこでは自分の葬儀に対する希望と共に家族だけでなくそれまでの人生で行き交った友人、知人などに感謝の気持ちを伝えておきたくなるもののようです。

2020年11月22日

明るく楽しい人生になるはずです

どんなに素晴らしい人生であっても、全く後悔のない人生を歩める方はいないと言われています。人生百年と言われているからこそ、日々を大切にしたいと願うのは当たり前です。近年は、終活が人気を集めています。言葉だけを見ると悲しいイメージがありますが、決してそんなことはありません。死を前向きに捉えることで、見える景色が変わると言われています。そして、更に注目を集めているのが生前葬です。その名と通り生きている間に行うお葬式のことですが、湿っぽい雰囲気はゼロだと言われています。

2020年09月26日

生前葬を行うメリット・デメリット

葬儀の種類のひとつとして選択できる生前葬は、文字通り自身が生きている間に葬儀を済ませておく内容です。亡くなった後では当然自身の手で葬儀をすることができないので、遺族に全てを任せることになります。その負担を軽減する目的であったり、自身で内容を決めたいという場合に適しています。人はいつ亡くなるのかわからないので、親しい人にあらかじめ別れや感謝の言葉を伝えられるのもメリットです。具体的な内容は特に決まっておらず、イベントやパーティーのような形式になることもあります。

2020年08月01日

生前葬は通常の葬儀とどのような違いがあるか

生前葬は、通常の葬儀とは異なり、生きているときにお世話になった会社の関係者や友人、親族などに感謝の思いを伝えられることや、葬儀の演出にこだわることができるといった利点があります。また、こうした葬儀をメインに対応している業者と契約することで、理想的な形で葬儀を進められるため、早い時期から安心して付き合える業者を見つけておくことがおすすめです。数ある葬儀業者の中でも、生前相談に定評があるところでは、店頭で無料で葬儀に関する様々な相談を受け付けているところが多数あります。

2020年07月29日

生前葬を行う上で得られる3つのメリット

葬儀と聞くと人が亡くなってから行うお別れの場というイメージがありますが、その葬儀の形も色々と変わってきています。その中の1つとして自分自身がまだ亡くなっていない生前中に葬儀を行うという内容になります。生前葬と呼ばれるタイプの葬儀となりますが、この葬儀を選ぶ人が増えてきています。では実際に生前の間に葬儀を行う事で得られるメリットですが、まず1つ目として自分自身でプランを考えられるという点があげられます。

Archive List